お客様の声1/1

素敵なポートレートは京都のstudio Fitへ

昨日雑誌掲載用のプロフィール写真を撮影させて頂きました。

130923.jpg

決定的瞬間を考察する、アンリ・カルティエ=ブレッソンは書物の中で、

「注文を受けて撮影するポートレイト専門の写真家になるのは危険に思える。というのも、ごく少数の注文主をのぞいて、誰もが自分をじっさいよりよく撮られたいと願っているからだ。そこには真実はかけらも残されていない」と語っています。

長年させて頂いてますが、その時は確かに喜んで頂いてお礼を言っては頂けますが、本当の所はどうなんでしょう。この壁を乗り越えられているのでしょうか....

昨日のお客様から、ご帰宅後にメールでこんなお言葉を頂戴致しました。

素敵な一日をありがとうございました。では見ることの出来ない自分が沢山いて、「ふうむ、私ってこんな顔だったのね」と、60年近く付き合った顔なのに  不思議な感動が伝わってきます。自然でいい表情を捉えて下さり、感謝しております。気に入った枚数が結構多くて、今選抜中です^^;

お役に立てたようです。私達目線で善いモノを目指しても、お客様目線を忘れては本末転倒です。これからも皆さんに喜んで頂けるような撮影をし続けていきたいと思っております。ご縁に感謝・お仕事に感謝。

超映像で倖に!
私たちがピントを合わせるのは、御社の理念、商品の強みです。
法人映像制作サービス