今日の出来事1/95 1  2  3  4  5

繰り返される不祥事には「敬天愛人」を

繰り返される不祥事には「敬天愛人」を。

最近「繰り返される不祥事」という言葉をよく耳にします。

メディアが取り上げやすい「大きな組織」に多いようです。

中小零細はメディアが取り上げないだけかも知れませんが、小さい会社はリーダー・社長と従業員スタッフの物理的距離が近いので、起こりにくいのかも知れません。

組織が大きくなると、経営者やリーダー達はルールで統制するしか無いと思っているのか、対策なり、再発防止なりの新たな規範を設けられるようです。

繰り返される「因」の一つに、こういう「お上から指示を出す」やり方で、組織全体が「思考停止」になっているというのもあるかと思います。

上から指示をしないと、みんなバラバラな事を言い出し、やり出し、統制が取れなくなると思い込んでいるからではないでしょうか。

つまり「各個人の判断基準」に任せると「私に取っての正義(自分にとって都合が良い)」が現れて、最終的には国家間の戦争に繋がりかねないと思われるからです。

しかし、ルールはある意味で「正解」です。

正解を与えられてしまえばもう考える必要はありません。従えば良いだけですから。



敬天愛人 天を敬い人を愛す

◎判断基準を「天」にゆだねる

来年の大河ドラマ「西郷どん」の西郷隆盛の言葉です。

不祥事が繰り返されるのはこの思想にかけるからでは.....

この言葉に突き動かされて企業経営をしたのが、京セラ創業者の稲盛和夫師。

経営者としての判断は「私人」がするのですが、その時に「公人」として「天にゆだねる」つまり「宇宙的視座で思考する」事が大切になってきます。

時には自分にとって不利な判断でも「正々堂々と潔く」下さなければなりません。

ここが出来なくなって「繰り返される不祥事」が色んな所で起こっているのではないでしょうか。

kyocera_yokohama


◎人を愛す

先日京セラ様のとある事業所へ取材に伺った際に、お話しを深く聞いているうちにある事に気がつきました。

京セラでは「アメーバ経営」という組織を「アメーバ」と呼ぶ小集団に分け経営をされていますが、アメーバ経営と聞くとどうしても「部門別採算」が先に思い浮かびます。

しかし今回の取材で、小集団にすることによって、メンバー全員が知恵を絞り、努力をし「人材の育成」「全員参加経営」を実現されていることを目の当たりにしました。

つまりこれは中小零細企業そのもので、リーダー・社長が常に現場に近い。または現場で皆と共に汗を流して働いている。

物理的にも精神的にも距離が近いことを意味しています。

従業員数7万人。売上も2兆円を目指す大企業京セラの実態は「中小零細が沢山集まった会社」なのですね。

大切なところは組織の大小に関係なく、上に立つ人物の判断基準が「私」から離れ「天」「宇宙」レベルの高次な判断が出来るかどうかで、更にそれは「唯一無二の正解を与え思考停止にする行為」でないような気がしています。

メディアが中小の不祥事を取り上げないだけかも知れませんが、中小零細がええ加減な仕事をしたら一発で会社潰れますから、「大きい(ままの)組織」の限界が来ていると考えるのが妥当かも知れませんね。

コンサル+お節介?

170427_002.jpg

こんにちは!スタッフのオサです^^先日4月24日は岐阜県にあります、
早川工業株式会社様にお邪魔しました!

まずは、社長様に「いかがなさいましたか?」

ここから小畑のコンサル(お節介)は始まります。

今までの人生で起こった色んなことを聞きまくります^^;

そこから、社長様の競争優位性や理念を引き出していきます^^

このお節介(ヒアリング)をスタッフの方にも受けていただくことで、
スタッフの方も自分の強みを見つけ出し、
モチベーションが上がることで企業様のチームビルディングにも繋がります。

スタッフさんのモチベーションが上がると、
生産性も上がりますので企業様のさらなる成長へのお手伝いができると思っております^^

170427_001.jpg

この日は打ち合わせも兼ねてのヒアリング。

170427_005.jpg

社長 大野様のお話をとことん聞かせて頂きました^^
ご自身が目指しておられることをお話しされる大野様の素敵な笑顔が印象的でした^^

170427_004.jpg

最後は工場見学もさせて頂きました!

作業をされておられるスタッフさん、とても格好良かったです!

こんなでかい機械を一人で操れるってすごいですよね^^
自分にはできないことなので、写真を撮りながら、すごいなぁと思っていました。

早川工業株式会社の皆様、ありがとうございました!
また次回、お会いできる日を楽しみにしております^^

スタッフのオサでした〜

イノベーションを起こすプライベートレッスン!  

本日は滋賀県大津市の旧公会堂で、企業様のプライベートレッスンをさせていただきました。
月に一回1年間のコースで、今回は二回目。カメラの扱い方の基礎から
ビジネスの話、仏教の話、脳科学まで、あらゆる方面へ
自由自在に広がっていきます。

レトロな雰囲気が素敵な会場、団長ヲバタも着物ではんなりと。

170221_001.jpg


170221_002.jpg

絵画を鑑賞して、自由に感じた事を発言してもらう、
「VTS----Visual Thinking Strategies」とは、フィリップ・ヤノウィン氏
(元ニューヨーク近代美術館教育部部長)が開発した、アートを通じて鑑賞者(学習者)の
「観察力」「批判的思考力」「コミュニケーション力」を育成する教育カリキュラム。
対話を介してグループで作品をみる鑑賞方法。

ビジネスでも生かせるよう、これを取り入れて、イノベーションを起こせる考え方を
身につけていただきます。
170221_004.jpg

来月も楽しみです。本日はありがとうございました。




〜番外編 〜
弊社のセミナーはお子様連れも歓迎なのです。
さすが、1歳でもスマホを使いこなす現代っ子!!

170221_003.jpg





講師:小畑あきら
株式会社理念系映像集団 代表取締役

コマーシャルスタジオ勤務・写真作家の助手・営業写真館経営を経て、理念系映像集団を設立。
日本最大の「人生哲学・経営哲学」を学ぶ盛和塾で執り行われる様々な業界・事業規模での、高次な理念経営の実践結果と課題を映像で撮影・編集。
社名である「理念系映像集団」はその実体験から命名しました。
常に「集客を上げる・売上を伸ばすための写真・映像はどうあるべきか」を追及。

2004年からヤフーのオフィシャル講師を皮切りに、全国各地で「ネットショップ」運営者の方のために「目から鱗のデジカメセミナー」講師として活動。

新年明けまして おめでとうございます!

ポストカード.jpg

新年明けましておめでとうございます^^
旧年中は数多くの方たちとのご縁を頂けました事、とても感謝しております。
本年度も、理念系映像集団 studio Fitは皆様に気軽に頼って頂けるような、
そして、今より更に伝わる写真・映像のご提供が出来るよう、精進してまいりたいと思います。

実は色々とこだわっている今年の年賀状(笑)
皆様よくよく見つめて頂ければ嬉しいです^^
以上!スタッフのオサでしたー!


LINE@始めました^^

撮影イベントの情報などなど更新予定です!
お友達登録していただけたら嬉しいです〜!

こだわり品の商品撮影

自社のこだわり商品の『売り』を撮ってほしい!そんな事業社様沢山おられるかと思います。
商品を購入されるお客様に『売り』が伝わる写真をプロの目線から一緒に考えて、商品撮影をしてほしい!
理念系映像集団では事前にお打ち合わせをさせていただく際に、商品の『売り』『こだわりの部分』を詳しく聞かせていただいております。それは、写真で表現する際にどの様に写したら『売り』の部分が際立ってくるのか?
どの様な写真を撮れば『儲かる』写真になるか?その部分を撮影までの期間に考えさせていただくために、
少しお時間は頂戴してしまうのですが、細かくお話を聞かせていただいております。
それを理解した上で、当日の撮影に臨みます。

15123337_1169529029792508_5589744575191525397_o.jpg

画像は来年の1月に撮影させていただく、株式会社イージー様のこだわり抜かれたTシャツです!

このサイズタグなのですが圧着プリントになっているのですが、
何故かと言いますとタグの存在が肌に気になる方へ負担を軽減するためなのです!
凄い思いやりと言いますか、気遣いと言いますか、こだわりですよね^^

生地にもこだわりを持っておられて、私も何着か着させて頂いているのですが、
サラッとしているのですが冷たくない、汗もよく吸ってくれる、そして重くないんです。

そんなこだわり抜かれたTシャツを作っておられるイージー様の商品をどの様に写したら
儲かる写真になるのか?只今、色々と試行錯誤しております。

この様に、私たちと一緒にあーでもないこーでもないと言いながら自社のこだわり商品の撮影をしてほしいなと思っておられる方、話だけでも聞いてみたいなと思っていただいた方、
どうぞ、こちらよりお気軽にお問い合わせくださいませ^^

スタッフのオサでした〜
私たちがピントを合わせるのは、御社の理念、商品の強みです。
法人映像制作サービス