1/3 1  2  3

気づく!研修ビデオ・マニュアルビデオ作ります。

マニュアルビデオにありがちな「マニュアルビデオ」

理念系映像集団では、企業様の理念を深くヒアリングした上で、研修ビデオ・マニュアルビデオを作成させて頂いております。

そのコンセプトは
「気づく事のできる人財を創る動画」=「超マニュアル・研修ビデオ」
の作成です。

ご興味の有る方はお気軽にお問い合わせ下さい。


お電話でも承っております。→075-468-1112

取扱説明書(取説)を読む会!?

昨日は夜の18時からstudio Fitのお店で
取扱説明書の輪読会?!が、ありました^^

IMG_9721.JPG

取扱説明書、取説とかよく言われていますね。
分厚いし、小さな文字でなんか一杯書かれている。。
しかも、どういう意味なのか全然わかんない!!
そう思われていらっしゃる方も多いかと思います^^:

実はこの取説に、基本的な事は全て記載されていたりします!
『取説が私の師匠です!』という、写真家の方もおられます^^

そこで今回、団長・小畑が考えたのが取説を読もうの会『取説輪読会』でした。

参加された方にご自身のカメラの取扱説明書で理解できていない部分を読み上げて頂き、
取り扱い説明書の文章・文字の奥に潜む「暗黙知」また取扱説明書及びカメラの向こう側にいる「人」を感じ、
面白可笑しく楽しく読みほぐし参加者全員で共有することによって、
皆さんのカメラをより深く理解してより大好きになって、頼れる相棒になって頂く。
という趣旨でイベントを開いた所、
沢山の方がお店に来て下さって、満員御礼でした♪

1人で読むとなったら
頭が一杯一杯になってしまうこの取説。
でも、わからない事をすぐに聞ける!
そして、皆と読む事で楽しい会になったと思います^^

また、集まった方同士で新しい繋がりが出来ると有り難いと
小畑も言っておりました。

はたして、第二回目はあるのか!?
乞うご期待です^^

ファクトブック 冊子 ホームページ制作の写真撮影は京都の理念系映像集団へ

社員、スタッフさんのポートレートから、商品、仕事現場、イメージ写真まで
1日かけて3人のカメラマンが撮り下ろします。


ファクトブックや冊子、ホームページ制作に役立つ写真撮影です。
撮影させて頂きましたお客様の写真を一部ご紹介致します。

★学習塾さま
140125_02.jpg 140125_03.jpg 140125_15.jpg
140125_05.jpg 140125_14.jpg 140125_17.jpg
140125_08.jpg 140125_09.jpg 140125_10.jpg
140125_11.jpg 140125_12.jpg 140125_13.jpg 

経営理念などお話しを伺いながら、どういう写真があればお役にたてるのかを考えます。
複数のカメラマンが同時進行で、会社の魅力やお仕事されているところなどを撮っていきますので
短時間でバリエーションのある写真が撮れます。


★鉄工所さま
140201_19.jpg 140201_01.jpg 140201_03.jpg 
140201_04.jpg 140201_05.jpg 140201_06.jpg
140201_07.jpg 140201_08.jpg 140201_09.jpg
140201_10.jpg 140201_11.jpg 140201_12.jpg
140201_15.jpg 140201_16.jpg 140201_17.jpg


●撮影枚数に特に制限はありません。
●納品致しますお写真のデータは数百枚に及ぶこともありますが、
 選んで頂きやすいようにグループに分けて整理致しますのでご安心下さい。
●たくさんの写真の中から印刷物、ホームページ、
 ブログなど適宜選んで頂けるオリジナル素材集です。


私達はすぐに必要な写真の他にも、会社様の歴史になっていくような写真も残したいと思っています。
従業員さんにも喜んで頂けたりモチベーションが少しでも上がればさらに嬉しく本望です!!



★理念系映像集団 によるホームページ用写真撮影
撮影枚数無制限の1日コース(7時間まで) 150,000円(税別)
撮影枚数無制限の半日コース(4時間まで) 90,000円(税別)
全国に出張致します。遠方の場合、交通費宿泊費出張料金など別途かかりますのでお問い合わせ下さい。



お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でも承っております。→075-468-1112

京都でホームページの写真撮影 "理念系映像集団"が 会社の魅力を撮り下ろします!

会社の魅力を写真で表現致します。

打ち合わせでしっかりお話しを聞かせて頂いて
また現場を見せて頂いて、働く皆様に触れさせて頂いて、

どんな写真があれば良いのかを考えて提案して撮る !

それが "理念系映像集団"の撮り下ろし撮影です。

IMG_9837.jpg


撮影の当日は朝から夕方まで1日かけて、ご要望も伺いながら撮影致します。

●客観的視点で魅力を見つけてあらゆる写真を撮っていきます。
●3人のカメラマンが参りますので、短時間でたくさんのバリエーションが撮影できます。
●撮影枚数に特に制限はありません。
●納品致しますお写真のデータは数百枚に及ぶこともありますが、
 選んで頂きやすいようにグループに分けて整理致しますのでご安心下さい。
●大きなサイズのデータもお渡し致しますのでホームページだけでなく
 のちに印刷物やブログなどにもお役立て頂けます。




"理念系映像集団"とは。。?

京都の御所の近くに拠点をおいて全国各地に出張して写真の撮影をしている
(話し好き、おせっかい、面倒見が良い)団長小畑と、団員3名、計4名のカメラマンチームです。
社名の通り、私達の"理念"、また皆様の"理念"を大切に写真と映像で貢献したいと思っております。

140518_04.jpg





撮影させて頂いた会社様のホームページをご紹介致します。




ホームページを作る時、どんな写真がどれだけいるかを想像して用意するのはなかなか大変ではないでしょうか?
オリジナル素材集のようにたくさんの写真の中から選んで使って頂ける。
これまでの経験からこのサービスに行き着きました!
お気軽にお問い合わせ下さい。

★理念系映像集団 によるホームページ用写真撮影
撮影枚数無制限の1日コース(7時間まで) 150,000円(税別)
撮影枚数無制限の半日コース(4時間まで) 90,000円(税別)
全国に出張致します。遠方の場合、交通費宿泊費出張料金など別途かかりますのでお問い合わせ下さい。



お電話でも承っております。→075-468-1112

商品撮影・写真の色がおかしい、まだらになる現象[蛍光灯編]

【目から鱗のデジカメセミナー】講師の小畑あきらです!

窓際で商品撮影をされる人も多いかと思います。
今回は、会社・事務所の窓際で商品の撮影をする、
レストランの窓際でデザート等を撮影する際のヒントをお届けしましょう。

まずは綺麗な色で撮影するために、カメラの[AWB][WB]ホワイトバランスを「太陽の光」に設定します。

140420_001.jpg

普段は「AUTO」にしておいて下さいね。でも色を正確に撮影したいときは「カメラに今撮影しようとしている被写体にあたっている光の種類=今回は太陽光」を、教えて(設定して)あげましょう。

で、撮影してみました。

140420_002.jpg

写真の色がおかしい、エライことになっていますね。
こんな写真をお客様に見せるわけには参りません(>_<)
また右上に机がない部分が黒くなって写ってしまいました。お客様は写真の中(四角い中)を全てご覧になるのでNGですね。お客様にとって要らない物は四角(=フレーム・ファインダ−)の中から「徹底排除」することが大事ですね。

このややこしい色と、この写り具合は実は「室内の蛍光灯」の仕業なんですね。
カメラの設定は「太陽」にしましたので、カメラは太陽光のみで綺麗に写す事を目指していますから、こんな風に写真の色がおかしくなりました(-_-)

で、やることはこれだけ!「室内の蛍光灯(=緑の光)」を消す!!!

140420_003.jpg

ジャ〜ン!いかがでしょう。綺麗に写りましたね。今回は写真の隅々まで確認して撮影しましたから右上の黒い部分はなくなっています。スッキリ!! 上の2枚の違いをよく確認しておいて下さい。上の写真をフォトショップで時間をかけて直すより、部屋の蛍光灯を消すだけです!!『生産性高いですよ!!』

ワンコの影を確認して下さい。常に影の反対側に「光源(この場合窓・太陽、人工光の場合は照明器具)」があるはずですからこの写真は「逆光」で撮影されたことが写真から読み取れますね。
人の写真をみて学ぶ一つの方法は「影を注意深く観察」することです。
光源の「位置」や「質」を発見することができますよ。

では、試しに位置を変えて撮影してみましょう。

140420_005.jpg

【訓練 影の方向を確認して下さい。左に出ていますから今回は窓は右側にあることが解ります。

向かって左側が部屋です。蛍光灯を消したので暗く写っています。ではこの左側にレフ板(白い板)を立ててみたいと思います。右側の窓から入ってくる太陽の光をレフ板で反射させて、ワンコの左側の暗いところに当てるような感覚です。

140420_004.jpg

左側もかなり明るくなりましたね。明るすぎた場合はレフ板と商品との距離を離したりして調整します。自然に見える距離を注意深く探しましょう。

このように窓際を使って撮影する場合は、部屋の蛍光灯を消す。レフ板を使用する。この二つで綺麗に撮影することが出来ます。是非挑戦してみて下さい。 レフ板の作り方はこちらをご覧下さい。

応用編
レストランやカフェでお料理を綺麗に撮ろうと思った時は次の点に注意すべし
◎窓際の席に座る
今回のようにお店の中の照明光を消して貰う訳にはいかないので出来るだけ窓に近いお席に座りましょう。
◎ホワイトバランスを「AUTO」に設定
お店の照明の影響を受けてしまうと思いますので、ここはオートで綺麗に写ることに期待をかけましょう。
◎出来れば席(机)は窓際でもご自身が座るのは店内側に座る
上の写真のように「逆光」または「斜光」で撮影することができます。

但し。。。。斜光・逆光での撮影では「露出」がカメラ任せだと暗く写ることが多いので、「露出補正」をして明るく撮ることが必要となります。難しくないので挑戦してみて下さい。

140420_011.jpg

因みに私のカメラで「絞り優先モード=ダイアルA」の設定画面はこんな表示です。

絞り値と露出補正値の文字が「黄色い」のは自分で設定できることを示しています。今回絞り(光が通る穴の大きさ)はF2.8で大きめです。それに対してシャッタースピード(80分の1秒)をカメラが自動で算出してくれています。そのまま撮影すると暗い目になるので、露出(EV)補正機能で明るい方へ「+0.7」設定しています。


オマケ「蛍光灯のみ」で撮影する場合の注意点です。

逆に部屋の蛍光灯だけで撮影される場合も多いと思います。
その時はカメラの[AWB][WB]ホワイトバランスを「蛍光灯」に設定します。
外光(太陽の光や電球・LED等)が入らないように、ブラインドを閉めるとか不要な照明を消します。

この時に稀に「まだらになる」現象が起きる場合があります。

140420_006.jpg

上の4枚の写真は全て同じモノです。色も悪いし、まだらになる現象が出ているのもあります。こうなったら撮影後にフォトショップで色を戻すのは不可能というか、血道を上げて出来たとしても、そんなんお客様にとってはどうでもいいことですし、もその労力を他に使った方が仕事も楽しくなりますね。

解決方法はシャッタースピード!! 蛍光灯は「点灯しているのではなく高速で瞬きしています」ので、感度を上げたり、明るいレンズを使ったりして不用意にシャッタースピードが上がっている場合に「まだらになる現象」が出てきますので、シャッタースピードを落としてみて下さい。

140420_010.jpg

はい!これが本当の色です(^_^)v 覚えておいて頂ければいつか役に立つかも(^_^)v。

studio Fit では撮影は勿論のこと、
会社・事務所までお伺いさせて頂いての「撮影法アドバイス」
難しい瓶(光り物)等の撮影の問題解決等もさせて頂いています。

お電話でも承っております。→075-468-1112

私たちがピントを合わせるのは、御社の理念、商品の強みです。
法人映像制作サービス