1/1

デジカメセミナー@富山

6月26日火曜日
富山県中小企業団体中央会様で、デジカメセミナーを開催させて頂きました。

OMD12093.jpg

今では使わなくなったフィルムカメラですが、デジカメセミナーでは受講される皆さんの理解を深めるために大活躍です。10代のころからの相棒です(^_^)v

OMD12095.jpg

いきなり撮影をしてもらって、問題点を探ります。皆さんのカメラの中には写真が上達する履歴が残ったと思いますので、それを確認して日々の撮影を頑張ってくださいね〜☆

また実際に撮影をされると色々と解らないことが出てくるかと思います。ご質問などお待ちしておりますので、お気軽にコメントください。

OMD12127.jpg

帰路ではJRが麻痺していましたが、なんとか無事に帰る事が出来ました。
有難うございましたm(_ _)m


ご予算などお気軽にお問い合わせください。
→京都075-343-2378 or お問い合わせフォーム

商品撮影ワンポイントアドバイス

ネットでの商品販売では自分で撮影される方が多いと思います。
最近は撮影機材も手に入りやすくなりました。
一般的にはこのような感じで撮影されると思います。

OMD11507.jpg

撮影すると....

EP034924.jpg

こんな感じでしょうか。
白バックに黒いものを映すとカメラが勝手に暗めに写してしまいますね。

ここで一寸変えて撮影して見ましょう。
バック紙を後ろで持ち上げている場合、
カメラを低くしても後ろに邪魔なものは映りませんから、
商品の形状を確認しながら、カメラを低くしてみましょう。

OMD11509.jpg

それと同時に照明(リファー)も低くしましょう。
面光源なので商品に近い方が綺麗な場合が多いですね。
画面に入らない程度ように気を付けて低くしてきます。

EP034923.jpg

こんな感じです。カメラを下げて、ズームを望遠側にし、露出補正で明るめに撮影してみました。

撮影する商品の形にもよりますが、ネット販売での商品写真を見ていると、皆さんカメラ位置が高いように思います。低くすればよいというものではありませんが、一度撮り分けてみればよく解ると思いますのでトライしてみてください。

あと、ライトの位置(高さやあてる方向)レフ板の位置によって微妙に写り方が違います。そのあたりも是非吟味してみてください。

あと、ライトスタンドで今回のようなブームスタンドをご使用の場合は、照明器具が重いので、オモリで充分バランスをとっておかないと、ひっくり返って大惨事になりますから気を付けてくださいね。

一寸した工夫でいくらでも綺麗に写せるのが商品写真の面白いところなので、楽しんで撮影をして貰えればとおもいます。

ネット販売での宣伝広告用のデジカメセミナー
&撮影依頼もお気軽に(^_^)v→出張も致します。

ネット販売用 商品撮影 京都スタジオフィット

今日はネット販売での宣伝広告用の撮影をさせて頂きました。出張も致します。

OMD11196.jpg

撮影内容、ご予算などお気軽にお問い合わせください。
→京都075-343-2378 or お問い合わせフォーム

一緒になって売れる写真を考えさせて頂きます。


私たちがピントを合わせるのは、御社の理念、商品の強みです。
法人映像制作サービス