1/1

本年のデジカメセミナー終了!

本日大阪でのデジカメセミナーをもって、本年の予定は全て終了させていただきました。

沢山の方に受講いただき誠にありがとうございました。

少しでも皆様のお仕事のプラスになるように、来年も益々パワーアップしていきたいと思っておりますので、機会が有れば是非ご参加下さい。

またブログ等へもご意見・ご感想・ご質問がございましたら何なりとお知らせ下さい。

ありがとうございました(^_^)v

天井の蛍光灯でも、工夫次第で何とか写せますよ〜!

マクロ撮影で商品の細かいところも見ていただけます(^_^)v

バックが狭くても、望遠側で撮影すれば何とかなります!
(右上が一寸ばれています・汗)

全て露出補正で「+1」のファイルです。実は自動露出機能ではちょうどよい明るさに映ってないことが多いのですよね〜! 段階露光で確かめて、ちょうどよい明るさに写ったファイルを使用しましょう!

明るい・暗いの調整をなるべくフォトショップなどでしないように気をつけてください!

蛍光灯は緑色 in 富山seminar

今日は朝から京都駅は機能していませんでした。

電車が来ないので人がごった返し・・・・

運転士さんも待ちぼうけ・・・・

結局1時間半遅れでいざ富山へ!

富山は雪でした! ええ感じ!

で、セミナーをさせていただきました。
富山の皆さんいかがでしたでしょうか。またご感想などお聞かせ願えれば倖です。

さて、蛍光灯ですが「緑」色なので、気をつけてください。

なので、太陽光(青白い)や電球(あかっぽい)と混ぜて使わないようにしてください!

で、デモ撮影させていただいた画像です。

↑広角側でライティングしないで撮影しました。

↑露出補正で「ー1」の画像です。

光の様子を読み取ってください。頑張りましょう(^_^)v

アンセルアダムスの写真展!

今日お仕事で京セラ本社へ行って参りました。

京セラ本社には「京セラ美術館」が併設されているのですが、なんと
「アンセルアダムス」の写真展が行われていました(^o^)

写真に興味がある方なら、一度は名前を聞いたことがあると思います。私も写真を志した頃に彼の「ゾーンシステム」を研究?したことがあり、また稲盛和夫氏京都国立近代美術館に「ギルバートコレクション」を寄贈されたことなどから、当時京都国立近代美術館へ見に行ったのを覚えています。

京セラ美術館の中は撮影できないのですが、入り口はこんな感じ・・・

懐かしや、当時の図録が販売されていましたので、そちらで御覧いただきましょう(^_^;)

最近はデジタル化がすすみ、ある意味なんでもできる感がありますが、ぜひ銀塩写真が人に与える心理的なことを「原画」を見ることで体感していただきたいです。

印刷物や、最近のインクジェットプリント、モニタなどで写真を見るのではなく、本物のプリントを是非見ていただきたいです。

そして何を感じるか・・・・
それは見てのお楽しみ。

群馬から風景写真を撮影されている方も来館されていました。
12月3日までです! 入場無料! これは見に行くしかない(^o^)

部屋と外の風景の画像合成

先日の和倉でのセミナーで、ご質問を受けましたので、簡単にですが一つの方法をご紹介しましょう〜(^_^)v

普通に部屋が明るく写るように撮影をしますと、特にお昼で天気がよかったりしますと、窓の外は真っ白になってしまいます。

人間の目は「明順応」「暗順応」という機能で、上の写真のように「外が真っ白」には見えませんが、写真表現では人間が見ているようにはなかなか写りません。

次に外の風景が奇麗に写るように撮影をしてみました。
結果は部屋の中が真っ暗で使い物になりません。

この二つの写真ファイルを画像処理ソフトで1枚の写真にする事ができます。

まず一番上の写真の「窓の部分」を消してしまいます。

実際にはフォトショップというソフトを使用し、マグネット選択ツールで窓枠をアバウトに選択し、出来上がった選択範囲を使って窓の外の真っ白の風景を消去しました。 普通に切り抜くと選択範囲の境界がはっきりしてしまって「切り取りました」という違和感が残ります。

選択範囲を2ピクセル程拡張し、その選択範囲を5ピクセル程「ぼかし」ていますので、消去する境目が自然な感じになります。詳しくはソフトの取扱説明書をご覧ください。

さて、窓の外を切り抜いた写真ファイルの下に、部屋が真っ暗に写ったファイルを移動ツールで入れてしまいますと・・・・・

こんな感じに仕上がりました。窓枠の部分を消してしまったので、外がきれいに写った写真が下から現れて、さも一枚の写真ように見えています。

この作業に15分ぐらいかかりました。三脚を使用して合成する2枚の写真がピッタリと重なる写真を撮影する事が重要です。ちょっとでもカメラが動くと奇麗な合成は難しくなり、時間がかかってしまいます。

一度挑戦してみてください。ただし、あまり時間をかけて、他の仕事がお留守にならないように気をつけてください〜(^o^)

デジカメセミナー in 和倉!

朝4時半に京都出発! 和倉を目指す!

wakura01.jpg
途中インターで夜が明ける!

wakura02.jpg
和倉に到着! とっても良い天気〜!
写真のカップルは・・・たまたま写っただけです(^_^;)


愛車も和倉に来られて喜んでいます(^_^)v

で、チャンと仕事しております。

明日は撮影実習です。和倉のみなさん、明日も宜しくお願いいたします。

私たちがピントを合わせるのは、御社の理念、商品の強みです。
法人映像制作サービス