1/1

私たちの眼は高機能だ!

今日はご縁があって、ハードコンタクトレンズメーカーさんの研究開発部・臨床研究部さんへ行ってきました!

まずは、私の角膜の形状を撮影! 自分の眼球を見せていただきました。 細かい形状が測定できるそうです。

そして、私の角膜に有ったレンズのデザインをしていただけるとのこと。なんとカスタムメイドなのですね!

実は最近老眼が進んで、被写体を見ていてファインダーを見たり、モニターを見るのがとても辛くなっていました。コンタクトレンズで、遠近両用のレンズが作れるんですって!

で、その時に伺った社長様のお話で、私たちが写真を撮影するときによく理解しておかないことがありました!

それは「まばたき」・・・・・・!

瞬きをしたときは「暗黙」になっているはずなんですが、私たち瞬きしたからと言って「一瞬真っ暗」になったとは思っていませんよね!

「頭の中で、都合良く繋げて視覚として認識している」と仰っていました。

そうなんですね。遠くを見たときと近くを見たときの映像を頭の中でスムーズに繋げることを、人間の脳はしてしまえるのですね。

明るさ・暗さ・色合いも全てそうです。私たちは都合良く物を見てしまえます。

ですから、写真や映像が、見たとおりに映らないのは当たり前なんですね。

「私たちの眼がとんでもなく高機能である」ということが理解できれば、「こんな写真が撮りたい」「こんな映像を撮りたい」という結果(俯瞰)から逆算(工夫)して撮影すれば、思った通りの結果(写真・映像)が出ると言うことですね!

私の遠近両用カスタムメイドコンタクトレンズ。完成しましたらまたご報告いたします!

ご興味のある方はこちらまで!

ウェブでお仕事されてる方々に!

大阪でデジカメセミナーをさせて頂きました!

一寸時間が足りませんでしたが、お仕事の現場で応用が利くような基本的な「考え方」はお伝えできたかと思っております。

またセミナーを修了後も殆どの方が質疑に残られ、更にお二人の方には駅で別れるまでお話させていただきました(^^)/

キーワードは「俯瞰逆算」「生活者の現場」です!忘れないで〜!

また宜しくお願いいたします!

勉強のために長崎へ


お客様に「映像で幸せに」なっていただくために、空路長崎へ。長崎の経営者の皆さんと全国から集まった経営者の方々と、勉強するために長崎へ。

しばしの空の旅で、自然とか、地球とか、宇宙とか感じさせていただきました。

これからも益々、映像で共に幸せになれるように、スタッフ一同頑張っていきます!

(写真はixyで撮影、露出補正はー2とアンダーで撮影しておいて、自分の目で見た感じにフォトショップで画像を調整しました。青空と雲と地表を表現しようと思ったら、普通に撮影したら何処かが犠牲になりますからね〜)

私たちがピントを合わせるのは、御社の理念、商品の強みです。
法人映像制作サービス